県産材を使ったリフォーム事例

submenu

家族の思い出を、何世代も積み重ねていける住まいに。

 大切な人から受け継いだものをまた他の大切な人に受け継いでいく様に、家もまた代々受け継がれていくものです。しかし施主が父親から受け継いだ家は、基礎的な仕上げが不十分で断熱・気密・換気が悪く、わずか10年ほどでカビや結露が発生し、住環境が崩れてしまっている状態でした。
県産材に見守られる癒しの住宅
  家としての性能を改良する為、調湿性に優れている自然素材の珪藻土を全室に使用。湿気によるカビや結露を防ぎ、住まいを長持ちさせ常に快適な室内環境が保たれる家になりました。さらにスギやヒバなど県産木材をふんだんに使用することで住む人の心にやすらぎを与えようと、ダイニング天井には青森スギの梁、床はサクラのフローリング。ヒバの格子照明やウッドデッキなど、木の香りが漂う癒しの空間になりました。

スタジオリッシュ(株) フローリングにサクラ材を使い、心和むリビング。

スタジオリッシュ(株) 階段をやさしく照らすヒバ格子照明。

スタジオリッシュ(株) 青森スギの天井梁でアクセント。

スタジオリッシュ(株) 青森スギの外塀。

スタジオリッシュ(株) 木製ドアとレトロな照明のあたたかさ。

スタジオリッシュ(株) 青森スギの外塀。

スタジオリッシュ(株) 坪庭前のヒバウッドデッキ。

スタジオリッシュ(株) 家族が自然と集まるヒバ建具の2Fホール兼和室。

OUTLINE

所在地 青森市
建物種別 民間住宅
リフォーム内容 増築・改修工事(内装工事・屋根工事・外壁工事・塗装工事・外構工事・バリアフリー化工事・住宅設備機器の改修・建具の取替え)
リフォーム時期 平成18年6月完成
応募事業者 スタジオリッシュ(株)
使用した県産材 リビング床:サクラ材/キッチン天井梁:スギ/和室引き戸:ヒバ/
階段照明格子:ヒバ/外塀:スギ/ウッドデッキ:ヒバ
建材・工事の特徴 梁に青森スギを使用することでクロス仕上げのものと比較するとデザイン的なアクセントになり、見た目の美しさと香りで、住む人の心にやすらぎを与えることができます。
ページの先頭に戻る
区切線
COPYRIGHT(c) 2009. Aomori Housing Renovation Promoting Council